トップペ-ジ > 先輩インタビュー > 桐野 剛

目次に戻る

サービスショップ部 部長 桐野 剛

profile
入社年 1997年
趣味 息子たちのバスケット全国制覇の応援。
得意! 忍耐強くコツコツと。
苦手~ 人前に出て話をすること。そんな部長って!?
現在の仕事のやりがい・大変なことは?
現在は、全SSの業務を企画・指揮・管理する責任職にあります。その中で、会社方針を浸透させお客様への均一なサービスをご提供することが私の責務であり、その徹底は大変な部分でもあります。その反面、全メンバーで目標に取り組み、大きな成果が得られた時や、メンバーの成長する姿を目にすることは、この上ない喜びとなっています。
同業他社とマティクスが違うと思うところは?
現場と本社の距離感が近いこと。本社勤務でも全SSのアルバイトの方まで全て分かる。そういう社風は業務にも活きていて、メンバー同士はもちろんお客様との関係も身近なのがマティクスです。
心に残るエピソードなどは?
今でも現場が忙しい時は応援に入るのですが、マネージャーとして勤務していたSSでは当時からのお客様が「久しぶり!」「元気してる?」と声を掛けて頂けて、よく差し入れも頂くんです。私もスタッフもかけがえのない嬉しさです。
今の「私のチャレンジ」はどんなこと?
現状、車のメンテナンスで皆さんが信頼度が高いと思うのはカーディーラーでしょう。そこをもっと技術・知識を向上させ、給油も含め、車のことならディーラーでなくマティクスを選んで頂けるようにすることです!
ズバリ、あなたにとってのマティクスの魅力とは?
業務では車という命に関わるモノに携わる以上、当然厳しい面もあります。だからこそ、苦労も分かり、働く皆の「情が深い」会社です。困った時には助け合い!
学生の皆さんにメッセージを。
マティクスは、悩む前に即行動する人、協調性と決めたことをやり抜く熱意のある人を求めています。何が自分に合う仕事かは、やってみないと分からない部分もあります。しかし自分のいる環境を良くするのも切り拓いていくのも自分のみです。そのために是非、目標を持った行動をしていって欲しいと思います。