トップペ-ジ > 社長挨拶

さらなるサービスの創造を目指して

おかげさまでマティクスは設立から約70年、これも一重に地域の皆様のご愛顧の賜物と感謝を申し上げます。
これからもこのご愛顧に甘んじることなく、エネルギー供給会社として地域の皆様の暮らしにより一層役立てるようご提案と努力を続けてまいります。今後SS事業では、車販売、車検・整備・鈑金、保険、レンタカー事業などのさらなる拡充を戦略しており、今までの「トータルカーライフサポート」にさらに磨きを掛け、新たなサービスの創造とご提案を目指したいと考えております。

チェンジ・チャレンジこそマティクスのDNA

石油業界は世界的な再編の時期にあり、国内SSも淘汰の時代にあります。またハイブリッド、EV、水素など車自体の変化も加速、その燃料形態やインフラ展望は一国内のみの方向ではなく国際的なビジョンを伴う変化となるでしょう。
しかしこの変化をマティクスは新業態・新サービスを生むためのチャンスと捉えています。エネルギー環境が変化しようとも、お客様の暮らしやカーライフを支えるという使命は同じであり、そこを繋ぐのが私たちのチャレンジです。今までがそうだったように、マティクスは常に時代の変化を視野に入れ、そのチャレンジDNAを元に変化し続けます。

地域に愛される「企業価値」づくり

マティクスでは、一部SSで災害時対応型SSや無料のEV急速充電器などの地域貢献を進めていますが、今後はCSR、防災訓練、エコ、福祉活動といった地域貢献にも注力したいと考えています。
同時にお客様満足度アップのために、さらなる従業員満足のアップを図り、それを地域に愛される企業満足度として高めていくことが私どもの命題だと考えています。
地域の皆様からマティクスがあって良かった、マティクスに勤めて良かったと、関係する全ての皆様に胸を張って頂ける企業価値を目指してまいります。どうかこれからのマティクスにご期待ください。

株式会社マティクス 代表取締役社長
松本直樹